スリランカ旅行のカーチャーター~頼れるドライバーを紹介します!

Sli Lanka Jasmine Tours & Drivers(スリランカジャスミンツアーズ)は、観光客の皆様向けに、安心・安全な観光ドライバーの紹介を行っております
スリランカでは公共交通機関が十分に整備されていないため、限られた日数で観光を楽しむには、カーチャーター(タクシーチャーター)が便利です。

こんな方におすすめ

  • 限られた日数で行きたい場所はあるが、せかせかしたくない方
  • 食事や宿泊場所は自由に選びたい方
  • パッケージツアーよりも旅程に融通を利かせたい方
  • プライベート感を重視したい方

安心してお任せください

現地に着いてからチャーターする方法もありますが、残念ながら不当に高い価格を提示したり、サービスレベルが劣悪なドライバーもいると聞きます。
その場で初めて会ったドライバーが信頼できるか、不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本サイトでは、観光ドライバーとして十分な経験を積んだ、安心・安全なドライバーの紹介を行っております
ドライバーの対応言語は基本的に英語ですが、コミュニケーションのサポートは日本語窓口が随時させていただきますので、英語が苦手な方もご安心ください。
旅程のご相談は無料で承ります。アーユルヴェーダやサファリなど、各種アクティビティもご紹介可能です。皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております。

お問合せはこちら

「私たちについて」はこちら

【スリランカまでの行き方②】直行便が10/29より復活!

先日、日本からスリランカへの直行便がないため、おすすめの乗り継ぎ便をご案内したばかりではありますが、嬉しいニュースが入ってきました。

スリランカ航空の、成田-コロンボの直行便が復活するというのです。
既に、スリランカ航空のフライトスケジュールには反映されています。下の図によると、10月29日(火)便より、直行便となるようです。
10月27日(土)便まではマレ経由です。

スリランカ航空のHPより

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

スリランカ航空、2019年10月29日より成田~マレ経由~コロンボ線を再度直行化(sky-budget スカイバジェットさんのサイト)

2020年1月までの期間限定で観光ビザも無料ですし、浮いたお金で一泊くらいできてしまいます。次のお休みはスリランカ旅行をぜひご検討ください。
このサイトの情報が、皆様の楽しい旅の一助になればとても嬉しいです。

また行きやすくなったスリランカを旅しませんか?ジャスミンツアーズにぜひご相談ください。

お問合せはこちら
スリランカ ヌワラエリヤ 茶畑

【ヌワラエリヤ】年中春の気候のお茶どころで” ほっ”とする

こんにちは、ご訪問ありがとうこざいます。
今回はスリランカでもお気に入りの場所、ヌワラエリヤ(ヌワラエリア)を紹介したいと思います。
様々なブログや知人からの感想の中でも、スリランカでまた行きたい場所はどこと聞いたとき、特に多いのがこのヌワラエリヤです。理由はこのブログをお読みいただければわかりますが、特に私たち日本人にはほっとできる場所です。

ヌワラエリヤってどんなところ?

スリランカの気候。ヌワラエリヤは中間~湿潤地帯に位置する
JICA報告資料より

ヌワラエリヤはセイロン島の下3分の1の中心にあり、スリランカの中でも高原地帯に属します。
中心から北の文化三角地帯とは乾燥しており、水が大変重要なものであったと以前のブログでお伝えしましたが、ヌワラエリヤは雨が多く、しっとりしています。私が初めてヌワラエリヤを訪れたときは、カラカラのポロンナルワから向かったため、湿度に「ほっ」とした記憶があります。

キャンディからヌワラエリヤに向かう途中で。靄がかかる。雨が降ったりやんだり。

紅茶畑・山の緑が濃く、滝や小川もあちこちに見られ、スリランカで一番日本の景色に近い場所かもしれません。もし私がスリランカに移住するとしたら、ヌワラエリヤに土地を買いたいと思うくらいです。

ヌワラエリヤ近くの展望台にて、お客様とタリンダ。お客様のレビューはこちら

スリランカの紅茶栽培の歴史

今でこそ「スリランカ(セイロン)=紅茶」というイメージがありますが、スリランカで紅茶栽培が始まる前は、コーヒー栽培が盛んに行われていたことはあまり知られていません。

イギリス統治時代の19世紀後半、「さび病菌」によってコーヒーが甚大な被害を受けました。これを受け、同じく大英帝国領だったインドで栽培されていた紅茶がスリランカでも栽培されるようになりました。
今では繊維業と並び、スリランカを支える産業のひとつになっています。

(スリランカは英国ハイブランドの縫製工業が多く設けられていた関係で、縫製技術のレベルが高く、今でもアパレル系の工場が集まっています。最近ではODELというローカルアパレルショップもあちこちに出店されてきています)

ちなみに現在、スリランカ在住の日本人の方が、スリランカコーヒーの復活栽培に尽力されているそうです

ヌワラエリヤの紅茶の特徴

スリランカ観光情報局のHPより

一番の特徴は、スリランカの中で最もハイグロウン=標高の高い場所で栽培された紅茶ということです。一般に、標高が高いと茶葉の大きさが小さく、低いと大きく育つそうです。

ヌワラエリヤの紅茶は、クラス(茶葉の大きさ)によりますが色が薄く、あっさりしており、ストレートティーに向いています。伊藤園さんのHPでわかりやすく解説されているので興味のある方はぜひどうぞ。

私はスリランカを訪れる前は、フランス(マリ〇ージュフ〇ール)のフレーバーティーを良く飲んでいましたが、ヌワラエリヤの紅茶を飲んでからは、その香りづけがくどく感じてしまい、もっぱらプレーンなセイロンティーを飲むようになりました。(このブログを書いている間も、ヌワラエリヤ紅茶をカパカパ飲んでおります)。何も加工をしなくともそのままで十分美味しいので、ぜひおためしください。

紅茶畑をドライブ~ヌワラエリヤの紅茶工場を見学!

続きを読む

【スリランカお役立ち】観光ビザが期間限定で無料に

JETROのwebサイトによれば、2020年1月まで、日本を含めた48か国を対象に、観光ビザが無償という記事が出ていました。

観光ビザ無償化で観光産業の復興に期待(スリランカ)

無償ですが、事前ないしは到着時のビザ申請は必要になりますので、ご注意ください。また、商用ビザは引き続き有料です。
オンラインビザ申請の方法は、スリランカナビさんのサイトでわかりやすく書かれています。旅慣れた方はどちらでも良いですが、旅行までに少しでも準備を進めておきたいという方は、オンライン申請を済ませておくことをおすすめします。

年末年始の旅先に、スリランカを検討されるのはいかがでしょうか。

旅程のご相談も無料で承ります!便利なカーチャーターはジャスミンツアーズにお任せください。

お問合せはこちら

【スリランカまでの行き方】 直行便はいつ復活するの?乗り継ぎのおすすめは?(2019年10月時点)

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。そろそろスリランカ成分が足りなくなってきたので、スリランカへの行き方を調べたところ、数カ月前と変わっているところもあり、おすすめのルートを含めてまとめておきます。

Q1: スリランカへの直行便はあるの?

A1: 2019年の7月上旬まではあり、一時的にモルディブ経由になっていましたが、10/29より復活します。(10/9追記)

2019年10月6日時点で、日本からスリランカ・バンダラナイケ国際空港(CMB)への「直行便」はスリランカ航空で出ています。
「」で囲ったのは、厳密には直行便ではないからです。
こちらが現時点の「直行便」です。

スカイスキャナーのページより、マレ経由の「直行便」

グーグルマップの通り、モルディブはスリランカよりさらに西です。

え?これが直行便なの?

って感じですよね。
今年の7月までは、成田発-コロンボへの直行便が約9時間で運航されていました。
しかしながら、現在は成田→モルディブ・マレ経由→コロンボが「直行便」になり、所要時間は12時間45分です。しかも、最近行った人の話を聞くと、マレへの到着後、機内で1時間半過ごさなければならないそうです。
楽しい旅行の前に、結構な体力を消耗しそうですね。

これからこの便を使って行かれる方は、あらかじめこのことを知っているのといないだけでも違うと思います。ちなみに知人はビジネスクラスチケットををオークションで落としたそうです。

個人的な所感としては、今回のマレ経由はスリランカでのテロをかんがみた一時的な対応とも取れるため、今後また直行便が復活する可能性も高いと思います。

→(10/6追記:復活する可能性がありそうです。状況わかり次第追記します)
(10/9追記:10/29便より復活します。こちらの記事をアップしました)

2019/10/28以降のスリランカ航空のフライトスケジュール(10/6閲覧)。時間が短縮されています


後ほど補足しますが、帰りはコロンボ→成田の直行便があります。こちらも9時間弱のフライトです。
また、成田⇔コロンボ便は毎日の運航ではなく、次の表のとおり、週4往復です。一時期増便も検討されていましたが、これもテロの影響で見送られたという経緯があります。

JETROのページ
JETROのページより、2019/9/29閲覧。クリックするとページに飛びます

Q2: 直行便が取れない場合、乗り継ぎのおすすめは?

続きを読む

Page 1 of 5

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén