カテゴリー: スリランカのグルメ

【日本で感じるスリランカ 】谷根千でスリランカカレー

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。今日はなかなかスリランカに行けないけれど、日本でスリランカ気分を味わえるお店を紹介します。

アユボワン!(最寄り駅:西日暮里)

よみせ通り沿い、隣には延命不動様

アーユーボーワン」අයුබෝවන් ayubovan は、シンハラ語でこんにちは、の意味。空港からスリランカ航空の機内に乗り込むと、CAさんが両手を合わせて一番最初に言ってくださる言葉でもあります。(やや改まった表現であるらしく、スリランカ人の間ではハローとかハイとかやり取りすることが多いようですが・・)
そんなおもてなし精神のある、谷根千の西日暮里寄りにあるカフェです。

外観と内装〜お洒落なのに落ち着く空間

外には元気な植物がいっぱい!ミントなど、ハーブも植えられています。

外観はお洒落なカフェで、ここがまさかスリランカカレーを出すとは、メニューの看板を見ないとわからないくらいです。
それもそのはず、このお店はマスターの友人の有名な建築家の方が、古民家をメンテナンスして始めたものだそう。店内にもアンティーク(風)のテーブルやイスなど、好きな方が見れば価値のある可愛らしいものがたくさんあります。

古民家の落ち着きははありつつ、しゃれた空間

メニューについて

ソフトドリンクメニューは、セイロンティーも産地別に種類が豊富で、一見の価値ありです。しかし自宅で専らセイロンティーを楽しむ私が気に入っているのは、ノンカフェインのジャパニーズハーブティー。メニューにドクダミやカキドオシなど、効用が書かれているので体調によってオーダーしています。
ちなみに注文を受けてから豆を挽いて淹れてくれるコーヒーも相当美味しいです。

お酒は、スリランカといえばのライオンビール、ライオンラガーはもちろん、お酒好きのマスターや常連さんの好みで仕入れられたスコッチウイスキーやウオッカなど、多様なものが揃えられています。生ビールはビール大好きなマスターがサーバーのメンテナンスにも気を使っているそうです。

いよいよスリランカカレーを実食!

続きを読む

【スリランカ北部旅行②】ジャフナの街のグルメを紹介

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。ジャフナで食べたもののうち、おすすめできるものをまとめました。(なお、当記事に記載した内容は2019年7月時点の情報で、状況は変わる可能性があります)

Rio ice cream リオ・アイスクリーム~スリランカアイスクリームの雄

スリランカの各地域に支店を持つアイスクリームチェーンですが、ここジャフナが本店です。

広い店内
メニュー。パフェの種類も多い
さてお味は

店内は老いも若きも、まさに老若男女で賑わっています。
日本と違うのが、男の子のグループが多いこと。日本では、甘いものは女性のもの、といったイメージが根強くあり、アイスクリーム店では女性客やカップルが多いですが、スリランカでは男性同士でも気軽に来られる場所のようです。微笑ましく見てしまいました。

店内は人でぎっしり。男性グループも多し

いろいろなフレーバー・色のアイスがありますが、みな等しく「ガツンとあまい!!」です。
イタリアンジェラートのような上品さはありませんが、暑いスリランカではこれはこれでありかもしれない。ありかなしかは、ぜひ現地でお試しください。

ナッルール・カンスダワミ寺院からもすぐです。

続きを読む

【日本で感じるスリランカ】スリランカ・フェスティバル2019 レポート【カレーだけじゃない!スリランカグルメあれこれ】

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

8月3日4日、東京の代々木公園にて、スリランカ・フェスティバル2019が行われています。
この猛暑、いや酷暑の中、出店者様、参加者の皆様は大変なことと思います。

スリランカブログを書いていながら、恥ずかしながら最近までその存在を知らなかった私ですが、3日の夕方、日が傾いた頃に訪れてみました。

以前、タイフェスには行ったことがありますが、スリランカフェスも今年で15回目を数えるイベントだそうです。
タイに比べると小規模で、短時間でも回りやすいのは良かったです。

以下、写真中心にお送りします。

入場門。やや控えめ
メインステージではセレモニーが。ウィッキーさんのトークショーも開催したそうです
たくさんのスリランカ人と日本人で賑わう(ただ猛烈に暑い)
スリランカのポカリとも言うべきエナジードリンク、タンビリ(オレンジココナッツ)

スリランカ料理に欠かせないものの一つ、ココナッツ。
シンハラ語では、中のジュースを飲むタンビリ(オレンジココナッツ、キングココナッツ)と、中の果肉を料理に入れるポル(グリーンココナッツ)は違う言葉で表現されます。ココナッツの実はスリランカの人たちの元気のもとで、グリーンココナッツの実を削るのはアンマ(お母さん)の大事な仕事の一つと考えられています。

日本でもおなじみ、ライオンビールも出店
スリランカ料理の屋台がやはり大人気
千葉の「ホットスパイシー」さんが出店。なかなか行けないのでありがたい
スリランカカレーのビュッフェが大人気

日本人にはスリランカカレーのビュッフェ、スリランカ 人にはロティ(スリランカ のお焼き)が人気のようでした。

こちらのお店の看板も見やすい。スリランカ料理あれこれ
イートインスペース。屋根があるだけありがたい

カレーだけじゃない!スリランカのグルメを~ブリヤーニ(ビリヤニ)、ワデ(ワダ、ワドゥ)、ロールス、セイロンティー~

その場で食べても良かったのですが、あまりの暑さのため、ホットスパイシーさんの屋台でテイクアウトすることにしました。
写真はありませんが、冷たいキリテ(キリ=ミルク、テ=紅茶、つまりスリランカミルクティー)も楽しみました。

ブリヤーニとスナック、そしてセイロン緑茶
チキンブリヤーニ

まずはブリヤーニ。ビリヤニのことをスリランカではこう呼びます。南インド料理はほぼスリランカ料理の一部になっています。
これはチキンブリヤーニで、フライドチキンが乗っています。
ブリヤーニにはなぜか必ずゆで卵が添えられ、潰しながら食べます。辛みがまろやかになります。固ゆで卵です。
スリランカの卵より日本の卵の方が臭みがなく、格段に美味しいです。改めて、日本の卵の品質は世界一ですね。

辛さはマイルドですが、ごはんはパラパラ、あっさりとして最後まで飽きずに食べられました。

続いて、スリランカのスナックたちです。

ウルドゥ・ワデ(左)、パリップ・ワデ(真ん中)、ロールス(右)

左のドーナツ型のものは、ウルドゥ・ワデ(または単にワデ)。ウルドゥ豆で作った揚げパンです。
ふんわりしていて食べやすいですが、油をよく吸うので、スリランカのドライバーすら「たくさん食べるとお腹の調子が悪くなる」と言っていました。

参考、スリランカで買ったチリ・ワデ(トウガラシ入りのワデ)
唐辛子が丸々1本入っていて、とても辛い!

真ん中の平べったいものは、パリップ・ワデ。パリップはレンズ豆のことで、スリランカカレーに欠かせないダール(豆カレー)の材料と同じです。
レンズ豆を粗く砕いて、カラピンチャ(これもスリランカカレーに欠かせないハーブ、カレーリーフ)などと混ぜて揚げたもので、日本の豆おかきに近い香ばしさを感じます。日本人が気に入る歯ごたえ・味で、私も好物です。

ワデはよくスリランカの道端の屋台で売っています。見かけたら一度ぜひお試しくださいね。

右のロールスは少し手が混んでいて、カレー味のコロッケの具を小麦粉の皮で包んで揚げたもの。なお、具だけを揚げたスリランカのコロッケはカトゥレットと呼ばれます。いずれもスリランカで良く見られるスナックです。日本でいうコンビニの肉まんに近いポジションです。

これらの他にも、スリランカのお焼きであるロティも人気でした。またの機会に紹介させてください。

最後に、一緒にいただいたお茶は、スリランカで求めたレモンフレーバーのグリーンティーです。ネゴンボの街を歩いて見つけたお店で、量り売りで購入しました。

店主によれば、スリランカの人はほとんど緑茶を飲みませんが、中国人用に置いているとのことでした。
たくさんの種類の茶葉の香りを試させてもらいましたが、レモンの香りがとても良く、購入しました。お湯で淹れるのももちろん美味しいのですが、この時期は水出しが色も綺麗で、毎日のように飲んでいます。
紅茶は身体を温め、緑茶は身体を冷やす効果があるといいます。
お茶の話もまたの機会にさせてください。

次のお休みが取れたら・・スリランカ旅行はいかがですか?スリランカでの「足」、タクシーチャーターのドライバーを紹介します!
ジャスミンツアーズにお気軽にお問い合わせください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén