こんにちは。スリランカジャスミンツアーズの松本です。
スリランカに関するコロナウイルス(COVID-19)の状況ですが、初回アップ時(3月3日)から目まぐるしく変わっています。4月以降の状況はこの記事で書きます。
3月までについてはこちらの記事にまとめています。

スリランカでのコロナウイルスの影響概況

スリランカでは、空港に旅客機が到着できない(実質的な入国停止)状況が続いています。旅客機の減便が相次ぎ、在スリランカ日本大使館では、特に短期滞在の旅行者等に対して早期の帰国を呼び掛けています。
SNSを見る限り、日本でより感染が拡大していることもあってか、日本人駐在員の方で帰国している方は多くはないようです。

現地では3月半ばより外出禁止令(curfew)が続き、違反者が多数逮捕されました。生活への影響は緊急事態宣言の出た日本よりなお大きく、閉塞感があるようです。
ただ、高リスク地域以外では、5月11日より経済活動を徐々に再開していくよう政府より指示が出ています。 感染確認の初期から一貫して、コロンボやニゴンボを含む西海岸以外の地域の感染が目立ちます。

4月中旬以降は感染者は減少傾向で、外出禁止令も4月20より一部地域で限定解除されましたが、4月下旬より再び感染者が増加しました。(4月27日の65名が一日の新たな感染者数として最多)
5月に入ってからは少し落ち着いてきましたが、まだ予断を許さない状況といえます。

スリランカ保健省のHPより(2020年5 月9日午前10時発表分)
毎日10時に最新情報が公開される

続きを読む