Page 2 of 7

一年ちょっとで5回スリランカに行った私が勧める観光スポットランキング(これから行く方向け)

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。ジャスミンツアーズの松本です。おかげさまで最近ブログへのアクセスやお問い合わせも増えていまして、感謝感謝です。

さて、2019年も終わりに近づきましたが、ここで、一年ちょっとで5回スリランカに行った(ちょっと頭のおかしい??)私が選ぶ、おすすめスポットをご紹介したいと思います。この記事に限らず、ブログで紹介している場所は全て私が実際に行き、断り書きがない限り写真も自分で撮影しています。
北海道の8割の国土の中に8つの世界遺産を抱える、見どころたくさんの国だからこそ、どこに行こうか迷っている方も多いと思います。あくまで私見ではありますが、少しでも参考になりましたら幸いです。

読者の方の中には、これからスリランカに行こうか考えている方はもちろん、ずっと昔からスリランカに関わっていたり、在住の方もいらっしゃるかもしれませんが、スリランカを訪れるたびに好きになっている若輩者と思ってご笑覧ください。おすすめの場所があれば、ぜひコメントやインスタで教えてください。

これから初めてスリランカに行く方向けランキング

まずはこれからスリランカに行きたい!と考えている方向けの総合ランキング。とはいえ、人生の中で何度もスリランカに行く人などほぼいないと思いますので、スリランカに興味のある全人類におすすめしたい、行くべき厳選スポットです。

続きを読む

【ヌワラエリヤ②】スリランカの中の「イギリス」のんびり観光のススメ

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
今回は再び、私にとってスリランカの心の故郷と言っても過言でない、ヌワラエリヤの過ごし方について書きます。まずベーシックな過ごし方はこちらの記事をご覧ください。

Sri Lanka Jasmine Tours & Drivers
スリランカジャスミンツアーズ撮影。ヌワラエリヤの爽やかな朝
ヌワラエリヤで迎える朝

この記事では、ヌワラエリヤに2泊する場合や、リピーターの方の場合の過ごし方について提案します。
ヌワラエリヤが高原であることもあり、あまり行きやすい場所でもないので、個人的にはきれいな空気を吸いながら、のんびり過ごして移動の疲れを癒すのが好きです。(アクティブ旅派の方はもったいないと思われるかもしれませんね・・)
一番のおすすめは、特に何もせず、ホテルの窓からの景色を眺めたり(意外に寒いのでテラスで長時間過ごすのは無理・・)、近所をお散歩することです。

でも、せっかく来ているのだし、ちょっとそれじゃあもったいない!と思う場合は、こんなスポットはいかがでしょう。

トゥクトゥクで近場の滝でエネルギーチャージ

ヌワラエリヤは水の豊かな場所で、いくつかの滝があり、清流が流れています。
今回は中心部からほど近い、Lover’s Leap Waterfall ラバーズ・リープ・ウォーターフォールに出かけてみました。

Sri Lanka Jasmine Tours & Drivers
スリランカジャスミンツアーズ撮影。ヌワラエリヤのトゥクトゥク
ファンシーなトゥクトゥク。よく見ると一台一台個性があります

ヌワラエリヤの街から、15分くらいトゥクトゥクに乗ります(車だと近くまで行けません)。
私の行った11月は雨季で特に湿気が多いため、スリランカで悩まされがちな砂ぼこりもなく、空気も爽やかで、トゥクトゥクのドライブも大変気持ちが良かったです。

Sri Lanka Jasmine Tours & Drivers
スリランカジャスミンツアーズ撮影。ヌワラエリヤの茶摘みのようす
茶摘みのおばさまと目が合う

続きを読む

【アンブルワワタワー】インスタ映えだけじゃない!スリランカの課題を考える【キャンディ周辺】

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。最近、インスタグラムでスリランカンやヨーロピアンに人気のスポット、アンブルワワタワー(現地の発音だとアンブルワーワが近い)をご紹介します。

写真で紹介するだけならばインスタで十分なのですが、調べるとスリランカが長年課題としてきたこととの関連も浮かび上がって来、ブログ記事化しました。

View this post on Instagram

今や #スリランカ イチの #インスタグラマー 人気を誇ると言っても過言ではない、 #アンブルワーワ #ambuluwawatower #ambuluwawa タワーに登ってみました。 この塔全体が #ストゥーパ #パゴダ なのだそう。中を見る限り、建設時期は新しいです。(英語でいつできたかを調べてみたけれど、すぐにはわからなかったのです…) 上の方はすれ違うことが難しいほど階段の幅が狭いのですが、欧米系観光客の自撮り待ちでなかなか進まず。。 上の方は風も強いので若干ヒヤヒヤ(この旅2回目)。でも並んでるみなさん笑顔で、行ってよかったという気持ちになりました。 ユーロピアンとスリランカンで、東アジア系はほぼ見ませんでした。 車では途中から行けず、 #トゥクトゥク に乗り換えることになります。 高所恐怖症の方にはおすすめできませんが、一度行ってみるのも良いかも。 #キャンディ から車で1時間から1時間半程度です。 #スリランカ旅行 #スリランカ好き #旅好き #旅行好きな人と繋がりたい #カーチャーター #もう一度見たい景色 #怖い #タワーオブテラー #スリランカカーチャーター #srilanka #srilankatrip #srilankatoday #srilankatourism #srilankavisit #ambuluwawa #ambuluwawatower #pagoda #stupa

A post shared by Sri Lanka Jasmine Tours (@srijasmine_tours) on

アンブルワワ・タワーAmbuluwawa Towerに行ってみた

紹介している日本語サイトはあるのですが、実際に訪れて書いている人はあまりいないようなので、書いてみました。

キャンディから車で1時間〜1時間半ほどの、ガンポラGampolaという町に、この奇妙なタワーはあります。
車では途中までしか行けません。トゥクトゥクに乗り換えて15分ほどで、アンブルワワタワーのふもとに着きます。

Sri Lanka Jasmine Tours & Driver スリランカジャスミンツアーズ撮影。
アンブルワワタワーのチケット
アンブルワワタワーのチケット。300ルピー(2019年11月時点)。
真ん中に黄色いシンハラ文字で「Ambuluwa-wa」と書かれている
Sri Lanka Jasmine Tours & Driver スリランカジャスミンツアーズ撮影。
アンブルワワタワーに行くまでのトゥクトゥク
比較的新しくてきれいなトゥクトゥク。
ちなみに、スリランカのトゥクトゥクはインド製。

ダンジョンか、バベルの塔か、実際は?

Sri Lanka Jasmine Tours & Driver スリランカジャスミンツアーズ撮影。
アンブルワワ・タワー全体。
どーん。と現れる奇妙な塔。

続きを読む

ヤーパフワ~古のスリランカ王朝の遺跡と絶景!【文化三角地帯】

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。先日のスリランカ訪問で訪れた場所を少しずつご紹介して行きたいと思います。

かつての王国の都、ヤーパフワ遺跡 Yapahuwa Rock Fortress

「ミニ・シーギリヤ」とも呼ばれているようです。この地域には、大きな岩山があちこちにあり、仏僧の修行場としてのお寺がある場所も多いようです。山が信仰の場所になるのは、日本でも同じですね。

ヤーパフワの場所

ヤーパフワの歴史

英語版Wikipediaを参考にしますと、アヌラーダプラ、ポロンナルワ、ダンバデニヤと都を移し、ここヤーパフワに都が置かれたのは13世紀後半。1273〜1284年 というわずか10年の間だけ都が置かれました。
実際に登って思いましたが、ヤーパフワはシーギリヤと同じく、岩山の上に設けられた都であり、当時の南インド侵略から逃れるための「要塞」としての意味合いが強かったのではないでしょうか。
王の権力の象徴である仏歯は遷都に伴いヤーパフワに持ち込まれましたが、残念ながら南インドに奪われてしまい、のちにキャンディに取り戻されたのは1288年のことです。

ヤーパフワの魅力を写真で紹介

では出発しましょう。
チケットは4ドルとお手頃(2019年11月現在)です。お手洗いは他の観光地と同様、きれいとは言い難いですが、あるだけ感謝と考えましょう(チップを求められることがあります)。

Sri Lanka Jasmine Tours & Drivers  スリランカジャスミンツアーズ撮影
ヤーパフワの入口
チケットを買って、歩きはじめます
Sri Lanka Jasmine Tours & Drivers  スリランカジャスミンツアーズ撮影
ヤーパフワの岩山を望む
あの岩山の上が、目指すところ
Sri Lanka Jasmine Tours & Drivers  スリランカジャスミンツアーズ撮影
ヤーパフワの階段その1
階段の向こうに、また階段

続きを読む

スリランカは安全か?その3(2019年11月時点の状況)

今年3回目のスリランカ訪問を終えまして、前回(2019年7月)から変わった点もいくつか見られましたので、書いて行きたいと思います。

今年の下半期の一大イベント、スリランカの大統領選挙

11月16日に大統領選挙が行われ、前大統領の弟であるゴータバヤ・ラジャパクサ氏が新たな大統領に選ばれました。与党からの出馬であったサジット・プレマーサダ氏は敗戦し、4月に起きたテロやこれに伴う経済の停滞への不満が、選挙の結果につながったようです。

私がスリランカに入ったのは選挙翌日の17日、まさに開票作業中のときで、いつもは混んでいる空港周辺やニゴンボの道がとてもすいていました。スリランカ中の方が、テレビで選挙速報の一挙手一投足に注目していたためです。(その関心の高さに、同行してもらったドライバーに申し訳なく思ったほど)

スリランカジャスミンツアーズ撮影
ネゴンボの街並
すっからかんの道路(2019年11月17日撮影)

選挙直後にまさかまたテロが…などと心配がなかったと言えば嘘になりますが、特に何も起こることなく、約一週間の視察がおわりました。

道端の至るところでラジャパクサ氏の当選を祝う人たちの集会(音楽を鳴らして踊ったり、お酒を飲んだり)が行われているのを見ました。

滞在の後半でお会いしたスリランカの方からは、選挙も無事に終わり、ほっとした雰囲気が感じられました。それだけに、次の大統領・政権への期待も高いようです。

前回(7月訪問)から変わったこと

続きを読む

Page 2 of 7

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén