月別: 2019年9月

【スリランカまでの行き方】 直行便はいつ復活するの?乗り継ぎのおすすめは?(2019年10月時点)

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。そろそろスリランカ成分が足りなくなってきたので、スリランカへの行き方を調べたところ、数カ月前と変わっているところもあり、おすすめのルートを含めてまとめておきます。

Q1: スリランカへの直行便はあるの?

A1: 2019年の7月上旬まではあり、一時的にモルディブ経由になっていましたが、10/29より復活します。(10/9追記)

2019年10月6日時点で、日本からスリランカ・バンダラナイケ国際空港(CMB)への「直行便」はスリランカ航空で出ています。
「」で囲ったのは、厳密には直行便ではないからです。
こちらが現時点の「直行便」です。

スカイスキャナーのページより、マレ経由の「直行便」

グーグルマップの通り、モルディブはスリランカよりさらに西です。

え?これが直行便なの?

って感じですよね。
今年の7月までは、成田発-コロンボへの直行便が約9時間で運航されていました。
しかしながら、現在は成田→モルディブ・マレ経由→コロンボが「直行便」になり、所要時間は12時間45分です。しかも、最近行った人の話を聞くと、マレへの到着後、機内で1時間半過ごさなければならないそうです。
楽しい旅行の前に、結構な体力を消耗しそうですね。

これからこの便を使って行かれる方は、あらかじめこのことを知っているのといないだけでも違うと思います。ちなみに知人はビジネスクラスチケットををオークションで落としたそうです。

個人的な所感としては、今回のマレ経由はスリランカでのテロをかんがみた一時的な対応とも取れるため、今後また直行便が復活する可能性も高いと思います。

(10/9追記:2019/10/29便より復活します。こちらの記事をアップしました)

2019/10/28以降のスリランカ航空のフライトスケジュール(10/6閲覧)。時間が短縮されています


後ほど補足しますが、帰りはコロンボ→成田の直行便があります。こちらも9時間弱のフライトです。
また、成田⇔コロンボ便は毎日の運航ではなく、次の表のとおり、週4往復です。一時期増便も検討されていましたが、これもテロの影響で見送られたという経緯があります。

JETROのページ
JETROのページより、2019/9/29閲覧。クリックするとページに飛びます

Q2: 直行便が取れない場合、乗り継ぎのおすすめは?

続きを読む

【日本で感じるスリランカ 】谷根千でスリランカカレー

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。今日はなかなかスリランカに行けないけれど、日本でスリランカ気分を味わえるお店を紹介します。

アユボワン!(最寄り駅:西日暮里)

よみせ通り沿い、隣には延命不動様

アーユーボーワン」අයුබෝවන් ayubovan は、シンハラ語でこんにちは、の意味。空港からスリランカ航空の機内に乗り込むと、CAさんが両手を合わせて一番最初に言ってくださる言葉でもあります。(やや改まった表現であるらしく、スリランカ人の間ではハローとかハイとかやり取りすることが多いようですが・・)
そんなおもてなし精神のある、谷根千の西日暮里寄りにあるカフェです。

外観と内装〜お洒落なのに落ち着く空間

外には元気な植物がいっぱい!ミントなど、ハーブも植えられています。

外観はお洒落なカフェで、ここがまさかスリランカカレーを出すとは、メニューの看板を見ないとわからないくらいです。
それもそのはず、このお店はマスターの友人の有名な建築家の方が、古民家をメンテナンスして始めたものだそう。店内にもアンティーク(風)のテーブルやイスなど、好きな方が見れば価値のある可愛らしいものがたくさんあります。

古民家の落ち着きははありつつ、しゃれた空間

メニューについて

ソフトドリンクメニューは、セイロンティーも産地別に種類が豊富で、一見の価値ありです。しかし自宅で専らセイロンティーを楽しむ私が気に入っているのは、ノンカフェインのジャパニーズハーブティー。メニューにドクダミやカキドオシなど、効用が書かれているので体調によってオーダーしています。
ちなみに注文を受けてから豆を挽いて淹れてくれるコーヒーも相当美味しいです。

お酒は、スリランカといえばのライオンビール、ライオンラガーはもちろん、お酒好きのマスターや常連さんの好みで仕入れられたスコッチウイスキーやウオッカなど、多様なものが揃えられています。生ビールはビール大好きなマスターがサーバーのメンテナンスにも気を使っているそうです。

いよいよスリランカカレーを実食!

続きを読む

【スリランカ旅行で自然を満喫②】ミンネリヤ国立公園でゾウと出会う

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。お客様の声を2件続けてアップしましたが、今回は再びシーギリヤ周辺の名所シリーズです。

今回はミンネリヤ国立公園をご紹介します。以前のブログでウィルパットゥ国立公園について書きましたが、その違いも念頭に置きながらご説明したいと思います。

ミンネリヤ国立公園てどんなところ?

  • 観光地から近い国立公園
    シーギリヤやピドゥランガラから車で1時間程度です。
  • とにかくゾウがたくさん見られる
    ヒョウやクマをはじめ、多様な動物が見られれウィルパットゥと異なり、こちらの公園は何と言ってもゾウ!たくさんのゾウの群れ出会えることで有名です。ゾウは大きいので、望遠レンズがなくとも迫力のある写真が撮影できます。その他、クジャクなど鳥類も見られます。
  • 観光地すぎると感じる人がいるかも
    後ほどお見せしますが、ゾウの群れと同じくらい、観光客のジープが集中することがあります。また、公園の入口ではジープが渋滞し、待たされることもあります。警戒心の強い動物にはなかなか会えず、ウィルパットゥのように多様な動物を見ることはなかなか難しいです。

こんな方にオススメ

  • 家族連れの方
    そこまで広くはないため、比較的短い時間でも観光が可能です。特に、お子様にはおっきなゾウさんは大人気ですよね。
  • 初めてスリランカに来た方
    必ずシーギリヤには行かれると思うので、どうせなら(あまり興味はないけど)動物も見て帰るか、という程度で旅程には組み込みやすいです。
    私も初めてスリランカを訪れた際に、ついでのつもりで立ち寄ったのですが、予想以上に面白い体験ができ、「スリランカってこんなに自然が豊かなところなんだ!」と知りました。これがスリランカに魅了されたきっかけです。
    たとえば午前中はシーギリヤで文明と自然の調和に嘆息し、午後はミンネリヤで自然を堪能するなど、スリランカの贅沢な味わい方ができます。きっと思い出に残る日になると思いますよ。
  • ゾウが好きな方
    今回の写真はほぼゾウです。手抜きではなく、出会った動物がほぼゾウなのです。

ミンネリヤの魅力を写真で紹介

先に申し上げておきますが、ほぼ象しか写っていません。他にも鳥を始めとした水辺の動物がいたのですが、シャッターチャンスも少なかったため、ご容赦ください。

ウィルパットゥと同様に、最初にジープをチャーターします。ジープのドライバーがチケットを買い、受付のゲートを通っていよいよ出発です。

入場後、早速第一ゾウさんにお会いする
前のジープと同じように、車が止まっているときは基本立って見学します

続きを読む

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén