スリランカブログ

【お客様のレビュー】海外旅行好きが驚く!スリランカの魅力5つ

お客様からのレビューをいただいたのでご紹介します。彼女は私の友人でもあり、旅行に同行させてもらいました。
海外旅行の経験が豊富な方でしたので、他国との比較も参考になるかと思います。スリランカの魅力の伝わる内容になっていますのでぜひお読みくださいね。(文章・写真ともに掲載許可いただいています)

=====

松本さん、タリンダさん

この度は楽しい、最高の旅をありがとうございました!!
松本さんと友人であるというご縁で、気軽な気持ちでスリランカ旅行に参加しましたが、想像の何倍も最高でした。

これまで、カンボジア、韓国、中国、台湾、ニュージーランド、イタリア、スイス、バリ… それなりに海外旅行をしてきましたが、その中でもスリランカは過去一だったかもしれません!

どこが気に入ったポイントか、改めて振り返ってみました。

スリランカのお気に入りポイント5つ

① なによりも人が純粋である

海外旅行に行くと、お金目的でゴリゴリ押し売りしてくる人や、物乞いの方、チップがなかったら露骨に嫌な顔をするウェイターの方がいるのが当たり前だと思っていて、むしろ、そういったシーンをほとんど見かけないのは日本ぐらいだと思っていました。

もちろん、スリランカにも観光地のど真ん中に行けば、そういったシーンに一瞬出くわすことはありますが、少ない上に、押し付け具合がとっても弱いです。(もっと商売上手になったっていい!?)
レストランでもホテルでも、従業員の方がある意味、のんびり働いているし、かといって、サボっている感じでもなく、真面目な人が多いのが伝わってくる国でした。

私は英語が堪能ではないので、拙いジェスチャーで飲み物を頼んだりしましたが、笑顔で汲み取ってくれる努力をしてくれる方ばかりで、そこも安心しました。
そういった対応は、高級ホテルだけでなく、ラフティングにつれていってくれたガイドの兄ちゃんや、こぢんまりした宿のおばあちゃんまで、みんなそんな感じでした。

日本だと、売上がどうとか、稼働率とか、サービス精神がどうとか、いろんなことに頭と算盤を弾いて、引きつった顔でガムシャラに働いている気がしますが、 スリランカには、のんびりとした心地よい風が吹いていて、気持ちがよかったです。

② 地球を感じられる

スリランカに行くまで、スリランカ=自然というイメージはなかったです。

ですが、シギリヤロック、ゾウを見たサファリツアーや、蓮の花が咲く池、クジラとイルカを見に行った海の地平線、ラフティングとキャニオニングをした川、突然現れる孔雀、どれも天下一品の自然でした。

何が良かったかというと、人間と自然の関係性が逆転していたこと。

動物園という人間が作ったものに観光客が入っていくスタイルではなく、 スリランカという濃縮した地球に、小さな人間が入らせてもらう感覚

ゾウも、クジラも、イルカも、人間の存在とか当たり前ですが、気にしていない。

彼ら動物や自然の都合に、スリランカの人々が合わせにいき、運良く出会えたら、 人間側が「やったー!ラッキー!」って自然に感謝する。

川って冷たいんだなとか、海って波が高いんだな、とか、めちゃくちゃ当たり前なんだけど、忘れがちな身体経験をさせてもらえて、脳みその髄までリフレッシュできました

クジラを見に行った地平線は最高の景色でした。

サファリにて
孔雀も大サービス
ミリッサの水平線

③どこもかしこも空いている

コロナ禍も終わり、海外旅行の波が戻ってきているはずですが、スリランカは基本どこも空いていました。今回の旅行で行ったエリアは、車もほとんど渋滞しないし、ホテルのロビーで待たされることもない、チケットを買う時も、ツアーも、少人数。当然、横入りされたり、時間に間に合わないのでは、と焦ることもない。
ジャスミンツアーで、いい感じに工程を組んでくださっていたのだろうと思いますが、こんなに混まない海外旅行は初めてでした。

(※編注:お客様の旅行ではコロンボやキャンディなどの都市部は旅程に入っていません。都市部に行く場合は少し感想が異なるかもしれません)

④意外や意外、清潔感があって、治安がいい。

スリランカ=インドの隣、ということでかなり警戒していました。

ただ、個人的な感覚だと、韓国や中国の町中、バリのビーチのトイレ、ヨーロッパの観光地のトイレに比べたら圧倒的に綺麗です。下水の嫌な匂いとか、生ゴミが町に落ちてるとかもないです。バリとかに比べると湿気もあるので、砂埃も比較的少ないように感じました。

もちろん南国なので、ハエや虫は飛んでますが、食器とかも綺麗で、食べ物もぜんぜん心配ないです。ジャスミンツアーの方で、そういうところにしか行かないようにしてくれてるのかも?なので、国全体がどうかはわかりませんが…。

清潔感とは違う軸ですが、ひったくりとか、置き引きもさほど過敏にならなくても大丈夫そうな雰囲気です。(よっぽどイタリアのほうが怖いです…。)

もし、スリランカとインドをごっちゃにして警戒されている人がいたら、勘違いです。もちろん海外である以上、警戒することは必要ですが、女性でも安心していける国です(※ジャスミンツアーのアレンジであれば)

⑤ スリランカ料理が美味しすぎる

これも意外でしたが、スリランカ料理がめちゃくちゃ美味い!

カレーというよりも、スパイスの効いた野菜の煮物や、さっぱりした野菜の酢漬けを、パサパササラサラしたご飯でいただく料理。名称はぜんぶ不明です!!笑
何が入ってるかわからないけど、病みつきになる味。辛さも日本人向けにほどよくアレンジしてくれて、翌日、お腹いたくなるとかもなかったです。

また、フルーツがめちゃくちゃ美味い。
ホテル到着時に出されたフレッシュジュースや、朝ご飯にてんこ盛りになっているフルーツ、道端でご馳走いただいたココナッツジュース、どれもこれも美味しい。
南国でフルーツを食べると、体が自然と冷えたり、暑い中、しょっぱ辛いご飯をたべると、塩分を補給できたり、人間て環境に合った食べ物を食べると、こんなに美味しく感じるんだ~と、体が喜ぶ味でした。

今回は1週間ぐらいの滞在で、まだまだ行けなかった場所もあります。

ぜんぜん、また行きたい!!!

最後に、ツアーに同行してくれたタリンダさん!

きめ細やかなサポートと、最高の笑顔をありがとうございました。ラフティングで誰よりも楽しんでるところや、重いスーツケースを2個も持って山を登ってくれるところ、全てが人としてフレッシュで、キラキラしてて、最高でした。これからもタリンダさんや、その家族、その友達が幸せに、平和に暮らせていけるように、スリランカ観光が盛り上がってほしいなと心から祈っています…!!

=====

Yさま、この度は一緒に旅をしてくださり、またご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。
過去イチだったかもしれない!というご感想、何より幸せに平和に暮らせていけるよう、スリランカ観光が盛り上がるようにとのエールがうれしいです。いつかまたスリランカにいらしてくださいね。

4月21日のウェビナーではこちらの旅行についてもう少し詳しくご紹介します。以下の記事から、ぜひごお申込みをお待ちしております。

魅力いっぱいのスリランカです。旅行のお問い合わせはお気軽にお寄せください。

お問合せはこちら

関連記事一覧

最近の記事

ブログカテゴリー

PAGE TOP