こんにちは。ご訪問頂きありがとうございます。私、松本がスリランカを訪れたきっかけは仏教遺跡でしたが、意外にも大変魅力的だったのは、自然が豊かであることでした。日本と同様の島国であるスリランカには、個性的な動物がたくさんいます。決して大きくない国土の中で、数多くの国立公園を有しています。

今回は、スリランカ最大の面積を誇る「ウィルパットゥ国立公園」を紹介します。
利便性の点で、シーギリヤに近いミンネリヤ国立公園や、スリランカ象で有名なヤーラ国立公園と比べて訪れる人は少ないですが、ややマニアック寄りの当サイトでは、まずこちらを紹介したいと思います。

ウィルパットゥ国立公園の位置
ウィルパットゥ国立公園の位置(google mapより)

そもそも、サファリとは?

アフリカが有名ですが、国立公園をジープなどで走り回り、動物のハンティング(ここではもちろん物理的なハントではなく、見つけること)を行うアクティビティのことです。

こんな方におすすめ!

  • ご家族連れやグループには特におすすめです。
  • 当サイトで紹介するドライバーはジープに同席してお客様のサポートを行いますので、 お一人様でももちろん楽しんでいただけます(私は一人でしかサファリを体験したことがありませんが、満喫しています)。
  • 写真のお好きな方は、遠くから動物を見ることもありますので、望遠レンズのお持ち込みをお勧めします。

私が訪れたのは2019年の7月でしたので、観光客は少なかったですが、シンハラ人(スリランカ人)やインド人(スリランカ北部にあるため、インドからの旅行客が多い)のグループを中心に、欧米系のカップルなどもサファリを楽しんでいました。

ウィルパットゥ国立公園の見どころ・おすすめポイント

  • ヒョウを見られる可能性が高い:スリランカヒョウの生息数が多い国立公園です。ヒョウではヤーラ国立公園が最も有名ですが、観光客も多いため、ヒョウも警戒して見られるとは限りません。ウィルパットゥでは比較的観光客も少ないため、見られる確率は高いです。中には、ジープと一緒にヒョウが歩いてくれることもあるそうです。
  • 見られる動物の種類が豊富:ヒョウ、熊、象、水牛、フクロウ、鹿、たくさんの種類の鳥類など。なお、スリランカでは、バードウォッチング専門のガイドがいるほど鳥の種類も多いそうです。
  • さほど混雑していない:ミンネリヤ国立公園では象よりもジープの数の方が多いほど混雑することもありますが、ウィルパットゥはそのようなことはありません。
  • 広大な自然を満喫!:スリランカの国立公園の中でも最も大きい国立公園です。湿地や草原、砂漠のような場所まで、いろいろな風景が楽しめます。鳥の声、風の音、木々の匂い、五感でスリランカを楽しんでください。

以下、写真を中心に体験記です。
半日ツアーは朝6時開始と午後開始の2種類です。今回は午後出発で約3時間半のサファリツアーでした。

受付の様子。ジープのドライバーが手続します
早速、メスのクジャクに遭遇!
鹿に遭遇!タリンダ(ドライバー)の右にいます。
湿原が広がります。広大な自然もサファリの魅力
よく見ると青みがかった鳥がいます。カワセミの一種だそう
鹿の群れ。よくいるので、あまり珍しく感じなくなってきます
水牛もいます
ワシの一種。スリランカはバードウォッチング専門のガイドがいるほど、鳥の種類も多いです
ナマケグマという熊の一種
実際はこのような愛嬌のあるクマです(宿に飾られていた写真より)。生息数は減少傾向だそう
水場で象を発見
今回は遠くからしか見られなかったスリランカ ・ヒョウ(宿の写真より)

写真からお分りいただける通り、様々な種類の動物を見ることができました。

普段スマホばかり見て過ごしている私たちですが、必然的に遠くを見ることになります。ジープの運転手や同席するドライバーが動物を見つけては教えてくれますが、慣れてくると自分でも動物を探すことができますよ。最初はどこを探せば見つかるのか検討がつきませんでしたが、慣れるにつれ茂みの中など、目を凝らして動物を探すのが楽しくなってきます。

動物を探すだけではなく、オープンカーで公園を走り回ることもサファリの魅力です。車はもちろん揺れますが、大自然の中を風を切りながら走るなんて、考えただけでワクワクしませんか。

その他アドバイス 旅行へどうスケジューリングするか おおよその料金など

旅程に組み込む際には、アヌラーダプラ観光と組み合わせるのが効率的です。

日差しが強いことと、砂ぼこりが目に入ることがあるのでサングラスがあると良いでしょう(私は砂が目に入り、コンタクトが片方外れました・・)。
ジープは揺れますので、車酔いの不安な方は酔い止めがあると安心です。

料金は、1名様で半日ツアーの場合、ジープ料と入場料を合わせて約10,000スリランカルピー(≒6,300円、2019年7月時点)程度、 1日ツアーの場合13,000スリランカルピー(≒8,100円、2019年7月時点) です。複数名ですと割安になります。
1日ツアーですと、より動物に遭遇するチャンスは高まりますが、体力もそれなりに使いますので、体調やその他の旅程を考えながら決めると良いと思います。

ウィルパットゥを始め、スリランカ各地の国立公園サファリ・観光をドライバーがご案内します。ジャスミンツアーズにお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら