こんにちは、ご訪問ありがとうございます。
先日のスリランカ視察の記事を少しずつアップして参ります。今回はご関心の方も多い、スリランカでのアーユルヴェーダについてです。

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダについては様々なサイトで触れられていますが、大変ざっくりした説明をしますと、元々はインドで始まった医療行為です。
その起源は2,000年前とも3,000年前とも言われています。インド起源ではありますが、現在ではスリランカでも発展し、生活に根付いています。
アーユルヴェーダ医師が患者それぞれの心身の特性や体調に応じて、自然由来のハーブやスパイスを処方して治療を行います。日本人には漢方による治療のイメージが想像しやすいかもしれません。
私が接するスリランカの人たちは、西洋医学の病院とアーユルヴェーダ医学の病院を症状(例えば骨折の場合はアーユルヴェーダなど)によって使い分けしているようです。

最近ではご存じのとおり、観光客を中心に、心身リフレッシュやメンテナンスのために行う施術・体調に応じた食事の提供・ヨガトリートメントなどの全般の意味で使うことが多いです。
欧米系の長期のバケーションを取りやすい方には、3週間~数か月間アーユルヴェーダ施設で過ごすこともありますが、私たち日本人にはそのような過ごし方はなかなか難しいもの。
そこで、数時間で手軽にアーユルヴェーダを体験できる施設に行かれる方も多く、お問い合わせもよくいただきます。
お客様にいくつかおすすめしている施設はございますが、今回は空港のある街、ニゴンボ(現地のシンハラ語では「ミーガムワ」と呼びます)で比較的リーズナブルなアーユルヴェーダ体験をしましたので、その様子をレポートします。

※当サイトでは、アーユルヴェーダ施設のみの手配は承っておりません。カーチャーターと合わせてのご紹介になります。また、経営者の変更などでサービスレベルが変わるおそれもあるため、ブログでは具体的な施設名は伏せさせていただきます。ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

アーユルヴェーダリゾートを体験!

Sri Lanka Jasmine Tours & Drivers スリランカジャスミンツアーズ撮影。
空港近く、ニゴンボのアーユルヴェーダ施設
アーユルヴェーダ施設の中の様子。落ち着いて解放感があります

比較的人気の施設ではありますが、当サイトのカーチャーターでは、予めドライバーが空き状況を確認してくれますのでご安心ください。
私も今まで二回行きましたが、満足行くものでした。

このアーユルヴェーダ施設のポイント

  • 空港から近い。旅程の最初や最終日に予定を組むことができる。
  • 便利な立地。ニゴンボのホテルが密集している場所からもすぐ。ただ大通りに面していない住宅街の中にあり、落ち着いて過ごせる。
  • 清潔感がある。施設内だけではなく、用意してくれるバスタオルなども清潔。
  • 創業2005年と、比較的長く営業している。
  • セラピストさんたちが笑顔でホスピタリティがある。

1日コース(3時間)を受けましたので、以下その紹介です。

アーユルヴェーダ1日コース(3時間) の概要

  • 施術内容
    • 全身オイルマッサージ&フェイシャルマッサージ
    • シロダーラ
    • スチームバス又はサウナ
    • 水とハーブティーで休憩
    • シャワー&フラワーバス
    • フルーツのサービス

まずは伝統的なハーバルオイルを用いたオイルマッサージからです。いくつものハーブを煮出したオイルは、ほのかに木の実のような香ばしい匂いがします。これを用いて、頭皮マッサージ→首・肩→足・手・それから全身とマッサージされます。セラピストさんにより少しずつ身体がほぐれ、あたたかくなってきます。顔もクリームでマッサージされます。
マッサージ室はやや薄暗く、窓から入る風や鳥の音でとてもリラックスできます。

続いて、アーユルヴェーダで最も有名な施術と思われる「シロダーラ」です。ガイドブックには必ず写真付きで載っていますので、ご存じの方も多いでしょう。
温めたハーバルオイルを、金属製のろうとのようなものに入れ、仰向けに横たわった患者のおでこに細く垂らし続けます。オイルはおでこから頭皮にゆったりと行き渡っていきます。最初は少し不思議な感覚ですが、じんわりとリラックスできます。個人的に美容室の頭皮マッサージが好きで良く受けるのですが、シロダーラには勝てません (感覚には個人差があります) 。

シロダーラのイメージ(画像はイラストACより)

全身をほぐしてゆるめて、スチームバスかサウナで一気にデトックスです。スチームバスでは、身体がすっぽり入る木製の箱の中に入り、下から炊かれるハーブの成分を含んだ熱い蒸気を顔以外に当てます。感覚としては、日本の指宿の砂むし風呂に近いです(我慢しすぎると背中が赤くなると思う)。汗と一緒に、疲れも流れ出ていき、終わるころには身体が軽くなった感じがします。
セラピストの方は温度を確かめながら、こまめに顔の汗を拭ってくれました。「hot?」などと聞いてくれるので、カタコト英語やジェスチャーで要望を伝えられます。安心してください。

サウナが終わると、風の通る場所に案内され、水とハーブティー(サマハン)を出してくれます。座り心地の良い椅子で休むこの瞬間が一番爽快でした。
水はもちろんペットボトル、椅子に引いてくれるバスタオルも清潔です。

シャワーでオイルを洗い流し、最後はフラワーバスです。ハーブの色のついたぬるめのお風呂にはお花が浮かべられています。
お風呂まで入っていることが、このコースの一つのポイントです。スリランカに限らず、アジアでスパを受けた際には、施設によってはお風呂がなく、オイルが身体にベトベトした状態で施術が終わることがあります。正直気持ち良いとは思えない方が多いのではないでしょうか。

Sri Lanka Jasmine Tours & Drivers スリランカジャスミンツアーズ撮影。
空港近く、ニゴンボのアーユルヴェーダ施設トリートメント後の果物とお茶
トリートメント後の果物とスパイス入りのお茶

着替えて支度をすると、最後にまたハーブティーと果物を出してくれます。果物が一段と美味しく感じられると思います。満足された場合には、セラピストさんへのチップもお忘れなく。(施術料の10%が目安です)

お値段は、4,600ルピー(≒2,900円、2019年7月時点)でした。施術メニューは他にもオイルマッサージのみやシロダーラのみなど豊富にありますが、満足度やコストパフォーマンスを考えても、この一日パッケージがおすすめです。

日頃のお忙しい生活の中の疲れ、旅の疲れを癒しに、旅程に組み込まれてみてはいかがでしょうか。

空港近くのこちらの施設の他、スリランカ各地のアーユルヴェーダ施設もご紹介しています。ジャスミンツアーズにお気軽にお問合せください。
※アーユルヴェーダ施設のみの予約は承っておりません。あくまでカーチャーターによる現地のご案内の付随的なものとお考えください。

お問合せはこちら