こんにちは。ご訪問ありがとうございます。今まで比較的マイナーな場所を紹介してきましたが、これからしばらく、メジャーな場所を紹介していきます。

まずはスリランカ観光で一番有名な場所、シーギリヤ・ロックを紹介します。

スリランカの象徴とも言うべき場所

シーギリヤの簡単な歴史

シーギリヤについてはたくさんの書籍やブログで紹介されていますので、ここでは簡単に。

アヌラーダプラに王朝のあった5世紀、実の父であった先王を殺してしまったカーシャパ王が、弟からの復讐を恐れて、シーギリヤの岩の上に建てたのがこの宮殿です。
即位後、7年で建てられたというから驚きです。しかしながら、都ができてから遷都から11年後、「弟のモッガラーナはカーシャパに復讐を果たし、カーシャパは自ら喉を切り、命を絶った」そうです。(にしゃんた著『ブッダと歩く神秘の国スリランカ 』より)

現在では宮殿の跡地や、王が当時の美女たちを泳がせて楽しんだプールの跡などが残っています。この岩の上に城を作るなど相当に変わった王様ですが、女性は相当にお好きだったようです。

王様が描かせた、切れ長の瞳と豊かなバストが印象的な「シーギリヤ・レディ」の壁画も有名です。1,500年前に描かれたことが信じられないくらい、鮮やかに、また肉感的に残っています。今は劣化防止のため、写真撮影禁止、立ち止まっての閲覧禁止です。
ルーブル美術館のモナリザ並みのセキュリティですね(スリランカらしく、セキュリティは人力です)。

シーギリヤの美女たち。今も鮮やかに笑みをたたえています(公式サイトより)

シーギリヤ・ロックの魅力を写真で紹介

シーギリは、1982年にスリランカで最初(アヌラーダプラ・ポロンナルワと同時)に世界遺産に登録され、今ではスリランカを訪れる人の90%が訪れるというスポットになりました。

うっそうとした林・草原の中に、まるで空から落ちて来たかのような一枚岩、しかもその上にかつて都が作られていた、という2つの事実が重なって、一度見たら忘れられない場所です。
車で近づいていくうち、林から見え隠れするシーギリヤ・ロックの姿を見つけるたびに、皆様の胸もきっと高鳴ってくることでしょう。

木立の中を抜けると
言葉は不要
岩の間の階段を
上っていきます
暑い…のは猿も一緒。お水を忘れずに
ライオンの爪の「ライオン・テラス」からさらに登る
登りきった上に宮殿の跡
緑多き国、スリランカ
向かいにはピドゥランガラロック(別記事にて紹介)
宮殿の沐浴場の跡
ここ、岩の上です

岩の上に沐浴場を設けるなど、とても贅沢なことですが、どうやら古代スリランカ王朝では、水を治めるということが大変重要だったようです。
スリランカではキャンディをはじめ、各地に人造湖が見られます。古代王朝があった「文化三角地帯」は同時に米どころでもありますが、乾燥地帯に属するため、古代の王たちは灌漑施設を積極的に建設しました。
同じ島国・稲作地帯でも、川の氾濫を防ぐために治水が重要だった日本とは逆で、スリランカでは水が貴重だったために、その安定供給が国家課題だったようですね。

JICAの報告資料(http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12309464.pdf)より

シーギリヤのガッカリポイント~より観光を楽しむための心構え

その素晴らしさは多数の方がお書きになっていますので、ここではあえて残念だったポイントを挙げ、これから行く方に、より楽しむためのアドバイスをさせていただきたいと思います。

1.入場料が高い

ここはスリランカ随一の観光地であることもあり、私が行ったときは入場料が30米ドルでした(当日のレートで換算して、スリランカルピーで支払う)。日本でも3,000円を超える公共の観光地は少ないのではないでしょうか。

シーギリヤの入場料(公式サイトより、2019年8月閲覧)
SAARCはインドやパキスタンなど近隣8ヵ国

なお、現地の人向けのチケットカウンターは別にあり、料金は100ルピーです。
スリランカに限らず、アジア圏のいわゆる「物価の安い国の観光地」 では、海外からの観光客に、現地の物価基準からすると破格の金額を払わせます。インドネシアやイラン、ウズベキスタンなどで何度も同じ光景を見てきました。
私は今まで行った旅行先も、その地で暮らす人々も好きでしたが、この瞬間だけはいつも現実に引き戻されたようで、がっかりしてしまいます。

ただ、この物価差ゆえに何度もスリランカを訪問することもできるし、個人でドライバーもチャーターすることができるのだと思い直します。見始めてしまえば、そんなことを忘れるくらいに素晴らしい場所です!

2.日本語で話しかけてくる輩に注意!

このブログを書いていながらお恥ずかしいですが、シーギリヤはスリランカで初めてボられた場所です。

日本語で話しかけられ、歴史に興味があったので、その場で日本語ガイドを雇いました。
日本語ガイドの相場が、最高でも3,000ルピーのところ、3倍の値段を払ってしまったのです。高い入場料に加え、ここでも高い勉強料が・・せっかくの素晴らしい思い出に、今でも苦味が混じることになってしまいました。

なお、私がボられた!と気がついたのは、ドライバーに「それは高すぎるよ」と後で言われたのと(先に確認すればよかった…)、ガイドブックを読み返したところ、記載の値段とあまりに違っていたためです。日に日に物価が上昇しているスリランカでは、ほとんどの場合、ガイドブックの記載よりも実際の料金は高いのですが、さすがに3倍にはなりません。

しかも、この自称日本語ガイドの男、明らかに女を狙っている話が多く(しつこく、結婚しているの?年齢は?サファリにもバイクで連れて行ってあげるよ、など)不快でした。
言葉が通じても、通じなくても、相手に品があるか、信頼できる人物かは見極めたいものです。

ジャスミンツアーズが紹介するドライバーは、そのような失礼がないよう教育し、スリランカ人・日本人関係なく、相手を理由なく不快にさせる者は採用しておりません。どうぞご安心ください。
ただ、ガイドライセンスを持っていないドライバーが観光施設の中に入ってガイドすることは禁止されています。どうぞお気をつけて。
なお、お申し出いただければ、現地ガイド(日本語・英語)をご紹介することもできます。 ガイド料は直接ガイドに支払う形になります。

せっかくのスリランカ一番のハイライト、心置きなく楽しみたいですね。

次のお休みはスリランカに行ってみませんか?ジャスミンツアーズでは安心・安全なカーチャーターを紹介します!

お問合せはこちら