カテゴリー: スリランカお役立ち

【スリランカお役立ち】観光ビザが期間限定で無料に

JETROのwebサイトによれば、2020年1月まで、日本を含めた48か国を対象に、観光ビザが無償という記事が出ていました。

観光ビザ無償化で観光産業の復興に期待(スリランカ)

無償ですが、事前ないしは到着時のビザ申請は必要になりますので、ご注意ください。また、商用ビザは引き続き有料です。
オンラインビザ申請の方法は、スリランカナビさんのサイトでわかりやすく書かれています。旅慣れた方はどちらでも良いですが、旅行までに少しでも準備を進めておきたいという方は、オンライン申請を済ませておくことをおすすめします。

年末年始の旅先に、スリランカを検討されるのはいかがでしょうか。

旅程のご相談も無料で承ります!便利なカーチャーターはジャスミンツアーズにお任せください。

お問合せはこちら

【スリランカまでの行き方】 直行便はいつ復活するの?乗り継ぎのおすすめは?(2019年10月時点)

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。そろそろスリランカ成分が足りなくなってきたので、スリランカへの行き方を調べたところ、数カ月前と変わっているところもあり、おすすめのルートを含めてまとめておきます。

Q1: スリランカへの直行便はあるの?

A1: 2019年の7月上旬まではあり、一時的にモルディブ経由になっていましたが、10/29より復活します。(10/9追記)

2019年10月6日時点で、日本からスリランカ・バンダラナイケ国際空港(CMB)への「直行便」はスリランカ航空で出ています。
「」で囲ったのは、厳密には直行便ではないからです。
こちらが現時点の「直行便」です。

スカイスキャナーのページより、マレ経由の「直行便」

グーグルマップの通り、モルディブはスリランカよりさらに西です。

え?これが直行便なの?

って感じですよね。
今年の7月までは、成田発-コロンボへの直行便が約9時間で運航されていました。
しかしながら、現在は成田→モルディブ・マレ経由→コロンボが「直行便」になり、所要時間は12時間45分です。しかも、最近行った人の話を聞くと、マレへの到着後、機内で1時間半過ごさなければならないそうです。
楽しい旅行の前に、結構な体力を消耗しそうですね。

これからこの便を使って行かれる方は、あらかじめこのことを知っているのといないだけでも違うと思います。ちなみに知人はビジネスクラスチケットををオークションで落としたそうです。

個人的な所感としては、今回のマレ経由はスリランカでのテロをかんがみた一時的な対応とも取れるため、今後また直行便が復活する可能性も高いと思います。

(10/9追記:2019/10/29便より復活します。こちらの記事をアップしました)

2019/10/28以降のスリランカ航空のフライトスケジュール(10/6閲覧)。時間が短縮されています


後ほど補足しますが、帰りはコロンボ→成田の直行便があります。こちらも9時間弱のフライトです。
また、成田⇔コロンボ便は毎日の運航ではなく、次の表のとおり、週4往復です。一時期増便も検討されていましたが、これもテロの影響で見送られたという経緯があります。

JETROのページ
JETROのページより、2019/9/29閲覧。クリックするとページに飛びます

Q2: 直行便が取れない場合、乗り継ぎのおすすめは?

続きを読む

ジャフナ

スリランカ視察を終えて〜スリランカは安全か?その2(2019年7月現在)

スリランカより帰国しました。テロ後初めての視察でしたが、ある意味予想通りで、ある意味予想とは違っていました。

1.予想通りだったこと

観光客は少ない。特に日本人観光客にはほとんど会いませんでした。ただ、レストランやホテルでは欧米系の観光客がのんびりと滞在を楽しんでいました。これから時間をかけて、少しずつ今までの姿を取り戻して行くのかなと思わされました。

ネゴンボのレストラン
ネゴンボのイタリアンレストラン(2019年7月)

2.予想と違っていたこと

あくまで私見ですが、治安は寧ろ良くなっているのではと感じました。軍人が至るところに整備され、目を光らせていることが大きいです。
ちなみにあくまで一般論ですが、スリランカでは、市民から警察は(残念ながら)あまり尊敬されていないようですが、厳しく訓練されている軍人は、尊敬を集めているようです。
なお、現地のスリランカ人曰く、「財布もスマホも今まで何度か落としたことがあるけれど、全部手元に返ってきた」とのことです。とはいえなかなか日本と同じようにはいきませんので、どうぞお手回りの荷物にはお気をつけください。

3.観光客へのチェックについて

前述の通り、あちこちに軍人がおり、場合によってはパスポートの提示や荷物のチェックを求められました。ただ堂々としていれば大丈夫です。ドライバーも臨機応変に対応をしてくれます。

空港では、入国時、出国時共に予想以上にスムーズでした。そもそも空港利用者が減っていることも大きいですが、イミグレ自体もチェックが厳しくなっているかと思いきや、私には以前と変わらない程度と感じられました(もしかすると国籍によるのかもしれませんが)。

スリランカからの帰国時、私は飛行機の出発時刻の約2時間前に空港に着くようにしています。(万一のことを考え、お客様にはもう少し余裕を持って空港にお送りするようにしております)
今回は、余裕を持って3時間前に着きましたが、30分後には全てのチェックが終わりました。前回は1時間弱かかっていましたので、むしろ順調でした。

参考までに、帰国時の、バンダラナイケ国際空港到着からの流れは以下の通りです(2019年7月現在)。

  • 空港のパーキングに入る前に、軍によるパスポートと荷物チェック
  • 空港の入口でパスポート提示
  • 1回目の荷物チェック
  • 列に並び、搭乗券とパスポートチェックの後、2回目の荷物チェック
  • チェックインと荷物預け。
    なお、自動チェックイン機がありますが、私のパスポートでは使えませんでした。そして使おうとする人も他にいませんでした…
  • 出国審査
  • 免税店など
  • 搭乗ゲートが開いた後、手荷物検査。
    なお、ゲートは出発の1時間前を目処に空き、中の待合で出発を待つことになりますが、中に入ってしまうとお手洗いがないため、さほど急がなくて良いと思います。
  • 係員の放送に合わせて搭乗

4.空港のオペレーションで改善されたこと

以前、帰国時の空港で最も時間がかかっていたのはチェックインでした。各カウンターに利用者が思い思いに並び、横入り上等でかなりお互いイライラ、時間をロスしていました。

今回は日本の空港などと同じように、エコノミーとビジネスだけに分かれ、それぞれの利用客が一列に並び、先頭で係員が空いたカウンターに誘導してくれるので、とてもスムーズに行うことができました。その結果、出国準備時間がかなり短縮されたと思います。

バンダラナイケ国際空港のチェックインの様子
バンダラナイケ国際空港のチェックインの様子(2019年7月)

5.テロ後のスリランカは安全なのか?

こればかりは何とも言えませんし、自己判断でと思いますが、少なくとも一時期の混乱からは間違いなく落ち着いて来ています。

観光業への依存度が高い国で、スリランカの多くの人々は苦労しているのでしょうが、お互い助け合いながら、相変わらず人なつこい笑顔で、親切に接してくれる人がほとんどでした。

少しでも早く、スリランカの人々が日常を取り戻せることを祈りつつ、当サイトで情報発信して参りたいと思います。

スリランカ 渡航情報〜スリランカは安全か?

スリランカの現在の状況 治安や安全性についての所感

外務省の公表するスリランカの危険情報は、4月のテロ以来、「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き上げられていましたが、6月25日に再び「レベル1:十分注意してください。」に引き下げられました。

https:/.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_006.html#ad-image-0

現在スリランカにおりますが、観光客の数は少ないものの、私個人の感想としては、欧米系・中華系を中心に、予想よりは少なくない数の方がスリランカ滞在を楽しんでいる印象です。がらんとしている雰囲気ではありません。

ただ、特に空港ではチェックが厳しく(観光客へというより送迎するドライバーへのチェック)、お客様との待ち合わせや最終日のお見送りは時間に余裕を持って行う必要があると感じました。なお私の入国審査は従前と変わらないレベルで、むしろ人が少ない分いつもより早く終わりました。

街では警察に加え、たくさんの軍人が見回りを行っています。依然として警戒態勢は続いています。反面、暮らす人々は(少なくとも外国人の私の目からは)以前と変わることなく、笑顔で「いい加減」に過ごしているように見えています。

たくさんの日本人観光客がスリランカに戻るのはもう少し先でしょうが、引き続き情報を発信して参ります。

Page 2 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén